PICマイコンを使ったスマートフォンアプリや電子工作を紹介

スマホ・タブレット(Android)で電子工作

環境設定

MPLABXでPickit3のファームウェアアップデートができない場合

更新日:

前回、「マイクロチップ スタータキット for Android PIC24F ver」の
スターターボートのファームウェアアップデートを行いました。
ところが、Pickit3を接続し書き込みを実行しても、
「not connetctiong ・・・」とエラーが出る場合がある。
タブを切り替えて詳細を見てみると、
「Your PICkit 3 firmware version is too old. You must have firmware version ◯◯◯ or higher …」
と、今度は、「Pickit3のファームウェアが古いから、アップデートしろ」との指示。

本来、MPLABXを起動しPickit3をパソコンと繋いだら、
自動でアップデートで開始されるらしいのだが、
いつまでたっても始まらないし、手動アップデートもできない感じ。
そこで、面倒だが、MPLABXの旧タイプ?「MPLAB」を使ってアップデートを行うことに。

「MPLAB IDE v8.92」をダウンロード ↓
http://www.microchip.com/stellent/idcplg?IdcService=SS_GET_PAGE&nodeId=2115
全てOKを選択し、インストール。

Pickit3とパソコンを繋ぎ、「MPLAB」を起動。
MPLABのアイコン

すると、自動でPickit3のアップデートが始まります。
ちなみに、終了後にメモリアドレスエラーみたいなのが表示されましたが、原因はわからず。
でも、今も特に問題なく使えてます。

「MPLAB」を終了して、再度、「MPLABX」で書き込みにトライしてみて下さい。
無事、スターターボードのファームウェアアップデートができ、
Android Basic Accesory Deomoが動くはずです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

-環境設定

Copyright© スマホ・タブレット(Android)で電子工作 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.