最終更新日
記事公開日

はじめての「Raspberry Pi Pico」で大ハマりした話。初心者でも分かる使い方&初期設定の手順

Raspberry Pi Pico

はじめて「Raspberry Pi」というものを手にしたわけですが・・・

初期設定の段階で、いきなりハマりました。

ここから ↓

Raspberry Pi Picoとパソコンを繋いでね、ダウンロードしてきた「.uf2」というファイルをドラッグ&ドロップしたら、ピコン!つって、パソコンとの接続が切れるわけですよ。

何回やっても、接続が切れる。

その度に、Raspberry Pi Picoのボタンを押しながら、USBを抜き差し。

もう一度、ドラッグ&ドロップ!

ダメだ、また切れる。

これじゃ、プログラムファイルを書き込むことができないじゃないか・・・

さては、初期不良品だな?

まもとに動かないものを送ってきやがってぇ。

↑ ここまで

が、僕がハマっていた状況です。

今思えば、なかなかひどい勘違いではあるのですが、Raspberry Pi Picoの解説記事は、Raspberry Piを触り慣れてる人が書いてるみたいで、省略されているところも多いんですよね。

そこで今回は僕のように「はじめてRaspberry Piを触る」という人に向けて、Raspberry Pi Picoの初期設定の手順を書いてみます。

初期設定の手順

パソコンとRaspberry Pi PicoをUSBケーブルで繋ぐ

パソコンにUSBケーブルを繋ぎます。

Raspberry Pi Pico側のUSB端子は、「microUSB」です。

僕は、モバイルバッテリー(Anker)に付属していた充電ケーブルを使いました。

microUSBケーブル

※もし、すでに何度かチャレンジ済みの場合は、Raspberry Pi Pico本体上にある白いボタンを押しながらUBSケーブルを差し込んでください。初回接続時はボタンを押さなくてもパソコンがストレージとして認識してくれましたが、このあとに行う「UF2 file」の書き込みを行ったあとは、ボタンを押しながらでないとストレージとしては認識しなくなっています。

Raspberry Pi Pico本体上にある白いボタンを押しながら、microUSBに差し込む

「UF2 file」のダウンロード

Raspberry Pi公式サイト内の[MicroPython]-[MicroPythonMicroPython]ぺージより、『MicroPython UF2 file』をダウンロードしてください↓

Raspberry Pi Documentation – MicroPython

『MicroPython UF2 file』をダウンロード

※非常にわかりにくいですが、ぺージの中央あたりにダウンロードリンクがあります。

「UF2 file」をRaspberry Pi Picoに入れる

さきほどダウンロードした「rp2-pico-xxxxxxxxx.uf2」をドラッグ&ドロップして入れます。

ファイルが書き込まれると、「ピコン」とUSBが外れた音が鳴ります。

「rp2-pico-xxxxxxxxx.uf2」をドラッグ&ドロップ

「UF2 file」とは何か?

そもそも、ここでダウンロードする「UF2 file」とは何なのか?

これは、Raspberry Pi PicoでPythonというプログラム言語を使えるようにするためのツールです(たぶん)

このツールをドラッグ&ドロップしたときに、僕はパソコンとRaspberry Pi Picoの接続が切れる(マイコンピューターから認識されなくなる)ことで焦っていました。

でも、これで良いんです。

みんな、「この後にRaspberry Pi Picoが勝手に再起動します」とか書いてるから、ややこしくなるんだよ(逆ギレ)

今までストレージみたいな認識されていたのは、何も開発環境がRaspberry Pi Picoに入っていなかっただけの事。

「UF2 file」をドラッグ&ドロップしたことによって、Raspberry Pi Picoのファームウェアに開発環境が書き込まれました。

「Thonny Python IDE」のダウンロード

次に、Pythonでコードを書いたり、Raspberry Pi Picoに書き込むための開発用ツールをダウンロードします。

ダウンロードが終わったら、「thonny-3.3.3.exe」ファイルをダブルクリックし、インストールを進めて下さい。

「Thonny Python IDE」のダウンロード

Thonny, Python IDE for beginners

「Thonny Python IDE」の初期設定

「Thonny Python IDE」をインストールしたら、「Raspberry Pi Pico」で通信を行うための初期設定が必要になります。

「Thonny Python IDE」を起動。

「Thonny Python IDE」のアイコン

Language → 「日本語」
Initial settings → 「Standard」

画面上メニューの[実行]-[Select interpreter]を選択。

画面上メニューの[実行]-[Select interpreter]を選択

[インタプリタ]タブが選択されており、その中に「Thonnyはコードの実行にどのインタプリタまたはデバイスを使用すればよいですか?」と表示されています。

「MicroPython(Raspberry Pi Pico)」を選択して下さい。

その下に、ある「Port」はお使いの環境によって違いますが、Raspberry Pi Picoを接続している端子を選択してください。

使用しているPortしか表示されないので、Windows10をお使いの方なら、ほとんどの方が「USB シリアルデバイス(COM3)」を選ぶことになると思います。

インタプリタの設定

これで、ようやく下準備が整いました。

プログラムを書き込む

以下のコードをThonnyの画面上に貼りつけて下さい。

import machine
import utime
led = machine.Pin(25, machine.Pin.OUT)
while True:
    led.value(1)
    utime.sleep(1)
    led.value(0)
    utime.sleep(1)

プログラムを書き込む

緑色の再生ボタン[Run current script(F5)]をクリック。

緑色の再生ボタン[Run current script(F5)]をクリック

「Where to Save to?(どこに保存しますか?)」と表示されたら、[Raspberry Pi Pico]を選択。

「Where to Save to?(どこに保存しますか?)」と表示されたら、[Raspberry Pi Pico]を選択

適当にファイル名をつけて、[OK」を押す。

今回は、「led.py」としました。

適当にファイル名をつけて、[OK」を押す

これで、Raspberry Pi Pico上のLEDが点滅するはずです。

Raspberry Pi Pico上のLEDが点滅

以降は、一度パソコンをシャットダウンしたあとでも、USBを差し込んでThonnyを起動すれば、そのままプログラムの書き換えが可能です。


【Amazon】Raspberry Pi Pico

この記事のURLをコピー

7 件のコメント

  • めっちゃ助かりました!!初心者がLチカまでたどり着く最大のハードルって、この環境導入部分ですよね。たいへん有難い記事でした。

    • PICO入門者
    • 2021年7月2日 11:07 AM
  • 手順の公開ありがとうございました。お陰様で迷うことなく設定が完了しました。先人のアドバイスは大変ありがたいです。

    • Pico入門者2
    • 2021年11月2日 4:20 PM
    • Pico入門者2さんへの返信

      お役に立てて良かったです。
      わざわざコメントありがとうございます!

      • admin
      • 2021年11月2日 10:38 PM
  • 素晴らしい記事ですねありがとうございました。

    • MA
    • 2022年2月12日 9:49 AM
  • 本当に助かりました。まさに私も同じところでハマってしまい、悩んでいたところでした。
    ありがとうございました。

    • ('ω')pico太郎
    • 2022年7月6日 6:36 PM
  • あちこち彷徨った結果こちらへたどり着きました。
    本当に助かりました。
    ありがとうございました。

    • 超初心者 
    • 2022年7月8日 4:11 PM
  • 丁寧な初期設定説明ありがとうございます。
    無事初期設定できました。
    PICOでの電子工作事例を期待しています。

    • のぶ
    • 2022年8月6日 12:50 PM

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

関連情報

運営者プロフィール
コダマ

職業はIT系フリーランス。過去、電子配線業務の経験が10年ある為、はんだづけも得意です。宮崎県在住、30代・2児の父親。