最終更新日
記事公開日

PICkit3 Programmerの使い方と注意点(EEPROM 24LC256 / 24LC512の書き込み)

PICkit3 ProgrammerでEEPROM 24LC256 / 24LC512の書き込み

PICkit3で24LCシリーズのEEPROMにデータを書き込むには、『PICkit 3 Programmer』という旧タイプの開発ソフトを使用する必要があります。

PICkit 3 Programmerのアイコン

下記より、『PICkit 3 Programmer』をダウンロードしてください↓
PICkit 3 Programmer App and Scripting Tool v3.10

ダウンロード元のページはこちら↓
PICkit™ 3 Programming App and Scripting Tool – Developer Help

「archive area of the Microchip.com website.」というテキストが、同じダウンロードリンクになっています。

内容をざっくり翻訳すると、

『PICkit 3 Programmer』はサポートが終了した古い書き込みソフトです。

『MPLAB X IDE』と一緒に『MPLAB X IPE』という最新の書き込みソフトがインストールされているから、そちらを使ってください。

『MPLAB X IDE』と『PICkit 3 Programmer』は互換性がありません。

『PICkit 3 Programmer』を使ったあとに『MPLAB X IDE』を使うと、通信エラーや接続エラーが発生する可能性があります。

という感じです。

しかし、推奨されている『MPLAB X IPE』は『24LC256 / 24LC512』の書き込みに非対応です。

実際に試してみましたが、24LCシリーズが選択肢としてあるものの、「apply(適用)」ボタンが赤いままで押すことができません(対応しているものは緑ボタンになる)

そこで、PICkit3で24LCシリーズのEEPROMにデータを書き込むには、『PICkit 3 Programmer』が必須となります。

書き込みアダプタの作成

PICkit3 ProgrammerでEEPROM 24LC256 / 24LC512を書き込むためのアダプタ回路図

PICkit3 ProgrammerでEEPROM 24LC256 / 24LC512を書き込むためのアダプタ回路(表)

PICkit3 ProgrammerでEEPROM 24LC256 / 24LC512を書き込むためのアダプタ回路(裏)

書き込み手順

1.PICkit3のモードを『PICkit 3 Programmer』用に変更する

PICkit3をパソコンに接続し、『PICkit 3 Programmer』を起動すると、画面上に黄色い背景の中に

The PICkit 3 is in MPLAB mode. Use the Tools menu to download an OS compatible with this application.

(PICkit3はMPLABモードです。[ツール]メニューを使用して、このアプリケーションと互換性のあるOSをダウンロードしてください)

と書かれていると思います。

PICkit 3 Programmerの起動後

『PICkit 3 Programmer』を使用するには、一旦、PICkit3を『MPLABモード』から『PICkit 3 Programmerモード』に変更する必要があります。

画面上のメニューより、[tools]-[Download PICkit Operating system]を選択すると、ファイルを開く画面が出てくるので、以下のファイルを開いてください↓

C:\Program Files (x86)\Microchip\PICkit 3 v3\PK3OSV020005.hex

Download PICkit Operating system

PK3OSV020005.hex

すると、「Downloading PICkit 3 Bootloader.」と表示され、正常に完了すると「PICkit 3 connected. ID = BURxxxxxxxxx」と表示されます。

『PICkit 3 Programmer』モードに変更完了

これで、PICkit3のOSが『PICkit 3 Programmer』用に書き換えられました。

2.デバイスの選択

データを書き込むためのEEPROMを設定します。

画面上のメニューより、[Device Family]-[EEPROMS]-[24LC]を選択。

[Device Family]-[EEPROMS]-[24LC]を選択

[Device: -Select Part-]より型番を選択。

[Device: -Select Part-]より型番を選択

3.書き込むファイルの読み込み

画面上の[File]-[Import Hex/Bin]を選択します。

[File]-[Import Hex/Bin]を選択

ファイル選択画面が開くので、書き込むファイル音声ファイルを選択します。

音声バイナリファイル(.bin)の作り方は、下記の記事をご覧ください↓
PICで使うROM音源(音声データ)の作り方【.wav → バイナリへ】.hex / .bin

書き込むファイル音声ファイルを選択

「Bin file sucessfully imported.(ビンファイルが正常にインポートされました)」と表示されれば、読み込み成功です。

Bin file sucessfully imported.(ビンファイルが正常にインポートされました)

4.データの書き込み

[Write]ボタンを押します。

[Write]ボタンを押す

「writing device: EEPROM…(書き込みデバイス:EEPROM)と表示され、書き込みが完了すると、「Programming Successful.(プログラミングが成功しました)」と表示されます。

Programming Successful.(プログラミングが成功しました)

5.※重要※ PICkit3のモードを『MPLAB』用に戻す

最後に、PICkit3のモードを『MPLAB』用に戻す必要があります。

この作業を行わないと、MPLAB IDEで「Connection Filed.」と表示され、PICのプログラムを書き換えができません。

画面上のメニューより、[tools]-[Revert to MPLAB mode]を選択してください。

[tools]-[Revert to MPLAB mode]を選択

「MPLABモードに戻して良いか?」との確認画面が表示されるので、[OK]ボタンを押します。

「MPLABモードに戻して良いか?」との確認画面

「タンタタタン」とUSBを抜き差しする音が表示され、数秒後に「The PICkit3 has been conveted to MPLAB mode. Exiting GUI.(PICkit3はMPLABモードに移行しました。 GUIを終了します)という画面が表示されます。

[OK]ボタンを押して、完了です。

The PICkit3 has been conveted to MPLAB mode. Exiting GUI.(PICkit3はMPLABモードに移行しました。 GUIを終了します)

これで、PICkit3を『MPLABモード』に戻すことができました。

※もしこの作業を行ってもMPLAB IDEで書き換えができなくなった場合、PICkit3本体のボタンを押しながら、USBを抜き出ししてください。

この方法でも、PICkit3を『MPLABモード』に戻すことができます。

なお、PICkit3 Programmerを閉じるときにエラーが表示されますが、気にせず[終了]を押せばOKです。

PICkit3 Programmerを閉じるときに表示されるエラー

この記事のURLをコピー

メールアドレスは公開されませんのでご安心ください。また、* が付いている欄は必須項目となります。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

関連情報